, , , ,

投信ルックスルー・銘柄レベル分析サービス(VOFM)開始

service_banner_01

弊社市場取引分析プラットフォームを活用した銀行様向け投信銘柄レベル分析サービスを開始しました。

クラウドを利用した安価な投信ルックスルー分析を提供しており、お客様への提供を開始しております。(2016年3月末より)

 

【サービスの背景】

マイナス金利の状況下、投信や外債運用の必要性は日々高まっています。

バーゼルリスクアセット計算におけるルックスルー対応(2017年度)、信用リスク集中度分析への対応、金利リスク(アウトライアー分析、外債金利リスク)などで銘柄単位の管理が投資信託には必要になってきています。

また本質的なリスク管理においても投信感応度、ヘッジ分析も必要性が高まっています。

投信にデリバティブを含むものも増加しており、テールリスクをヘッジする商品、運用利回りをエンハンスする商品が増加しています。

金融機関における運用コスト抑制が進む中、規制の強化、管理人員不足、投資分析時間不足など問題を抱えていらっしゃいます。

 

【ValueOptimaFMについて】

そこで弊社は銀行を中心とした金融機関向けに投信分析(VOFMサービス)を開始いたしました。

弊社は『ValueOptima』(市場商品管理・情報システム)、を提供しており金融機関の市場リスク管理、フロント分析システムとして既にご活用いただいております。

VOFMは従来型の市場系システムとは一線を画し、ウェブ対応、クラウド化、エンジン内部化、サービス化を推進をしております。

面倒な運用元作成のエクセルやPDFファイルからデータ化、バーゼルリスクアセット集計レポート作成、銘柄情報作成、取引組成、分析を行います。

 

service_banner_01
VOFM

【対象ユーザー】

以下のようなユーザーを対象にしています。

  • 市場運用フロント部署
  • 市場運用ミドル部署
  • リスク管理担当部署
  • バーゼル対応担当部署
  • 主計
  • 金融機関経営者

 

【サービスの強み】

  • 債券や株式の銘柄だけでなく、為替、金利、株式インデクスのデリバティブ管理も可能
  • 運用会社・証券会社からのエクセル、PDF、CSV、XMLでも変換作業を弊社が実施
  • ファンド実務経験者、デリバティブトレード経験者、リスク管理経験者、研究者がサービスについてアドバイスをしております。
  • 月次でのポジション作成を行いますが、レートや価格は日次で蓄積され、日次での分析が可能です。(銘柄についてアセットマネジメント会社が情報を提供していることが前提です)
  • バーゼル対応、規制当局向けレポートの作成をタイムリーに行っていきます。
  • バーゼル対応だけでなく、通常の運用ポートフォリオの金利、為替、株、REITなどのインデクスへの感応度を分析します。
  • 海外ファンドマネージャーからの情報、パフォーマンス分析や最適化、金利・為替予兆管理などをフロント機能を中心に提供していきます。

投信分析を作業ではなく、投資戦略の検討の場に変えるVOFMをぜひお試しください。

 

【その他】

有価証券、デリバティブ管理をオンプレミス(自前サーバー)でも・クラウドでもご提供することが可能です。

Sa-cca対応などでデリバティブ・システムを必要とされている金融機関にも最適です。

 

詳細な条件、料金などについては下記までお問い合わせください。

 

■会社概要
商号  : 株式会社AFG/AFG Inc.
代表者 : 代表取締役社長 田中 徹
所在地 : 〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-8 協和第二ビル4F
設立  : 2009年4月
事業内容: コンピュータソフトウェアの開発及び販売
-金融機関向けソフトウェア(市場系、経営管理、リスク管理)
-個人向けソフトウェア
ITに関するコンサルティング事業
情報処理及び情報提供サービス業
資本金 : 9,000万円
URL   : http://afginc.co.jp/

■リリースの問い合わせ先
株式会社AFG 金融サービスグループ
担当 : 塩入・塩澤
TEL  : 03-6435-8416
E-Mail: info@afginc.co.jp
URL  : http://afginc.co.jp/