ValueOptima

【FX】CME為替先物ネットポジション(8/18)

 

今週はドルが売られ、縁やユーロ、ポンドなど主力通貨が買われる展開となった。特にユーロが一番大きく変われ、ギリシャの問題は徐々に意識されなくなり、景気全般に注目が移ってきた感がある。

残高自体は依然ユーロが一番ショートが大きいが、円との差が縮まりつつあり。2千、3千枚の差となっている。ドル円に焦点が移っていく可能性が高い。

 

通貨 2015/8/18 1週間変化 変化率 1ヶ月変化
JPY -90,130 15,096 -16.75% -27,816
EUR -92,732 22,478 -24.24% 20,244
GBP -3,971 6,400 -161.17% 17,497
AUD -49,883 1,387 -2.78% -9,033
NZD -9,957 615 -6.18% 5,997
CHF -9,868 -2,856 28.94% -13,285
CAD -66,794 611 -0.91% -23,226

中国の通貨切り下げに驚いたり、その背景にある景気の悪さを嫌気したり、中国に世界が揺り動かせる中、世界陸上が中国で始まり、また数年先の冬季オリンピックも北京になったり、

中国が世界の中心となりつつあることを実感する今日この頃だが、通貨が完全自由化されないと、急な切り下げ、切り上げに対応するのは大変難しい。米国や日本も異常な金融緩和でドル安、円安を演出し、

輸出を促進するなど、中国とほぼ同じようなことをやっているのだが、通貨レートにに直接触ることはできない。

 

【この1週間の変化】

FX20150822-12jpg

 

【現在のポジション】

FX20150822-2jpg

 

 

【ヒストリカルなネットポジションの動き】

FX20150822-3jpg

 

 

FX20150822-4jpg

 

 

【通貨ごとの変化】


 

FX20150822-5jpgFX20150822-6jpgFX20150822-8 FX20150822-7jpg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ