ValueOptima

【国債】S&P日本国債格付けを1段階引き下げ 

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は16日、日本国債の格付けを「ダブルAマイナス」から「シングルAプラス」に1段階引き下げたことを発表。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは昨年12月1日に「Aa3(ダブルAマイナスに相当)」から「A1(シングルAプラス)」へ1段階引き下げている。

 

Concept of risk, danger, crash etc with 3d text under sky in the modern city.

 S&P長期個別債務格付け                                                                               
カテゴリー 定義
AAA 当該金融債務を履行する債務者の能力は極めて高い。スタンダード&プアーズの最上位の個別債務格付け。
AA 当該金融債務を履行する債務者の能力は非常に高く、最上位の格付け(「AAA」)との差は小さい。
A 当該金融債務を履行する債務者の能力は高いが、上位  2 つの格付けに比べ、事業環境や経済状況の悪化の影響をやや受けやすい。
BBB 当該金融債務履行のための財務内容は適切であるが、事業環境や経済状況の悪化によって当該債務を履行する能力が低下する可能性がより高い。
BBBCCC

CCC

BB」、「B」、「CCC」、「CC」、「C」に格付けされた債務は投機的要素が大きいとみなされる。この中で「BB」は投機的要素が最も小さく、「C」は投機的要素が最も大きいことを示す。これらの債務は、 ある程度の質と債権者保護の要素を備えている場合もあるが、その効果は、不確実性の高さや事 業環境悪化に対する脆弱さに打ち消されてしまう可能性がある。
BB 他の「投機的」格付けに比べて当該債務が不履行になる蓋然性は低いが、債務者は高い不確実性や、事業環境、金融情勢、または経済状況の悪化に対する脆弱性を有しており、状況によって は当該金融債務を履行する能力が不十分となる可能性がある。
B 債務者は現時点では当該金融債務を履行する能力を有しているが、当該債務が不履行になる蓋然性は「BB」に格付けされた債務よりも高い。事業環境、金融情勢、または経済状況が悪化した場 合には、当該債務を履行する能力や意思が損なわれやすい。
CCC 当該債務が不履行になる蓋然性は現時点で高く、債務の履行は、良好な事業環境、金融情勢、および経済状況に依存している。事業環境、金融情勢、または経済状況が悪化した場合に、債務者 が当該債務を履行する能力を失う可能性が高い。
CC 当該債務が不履行になる蓋然性は現時点で非常に高い。不履行はまだ発生していないものの、不履行となるまでの期間にかかわりなく、スタンダード&プアーズが不履行は事実上確実と予想す る場合に「CC」の格付けが用いられる。
C 当該債務は、不履行になる蓋然性が現時点で非常に高いうえに、より高い格付けの債務に比べて優先順位が低い、または最終的な回収見通しが低いと予想される。
D 当該債務の支払いが行われていないか、スタンダード&プアーズが想定した約束に違反があることを示す。ハイブリッド資本証券以外の債務については、その支払いが期日通り行われない場合、 猶予期間の定めがなければ 5 営業日以内に、猶予期間の定めがあれば猶予期間内か 30 暦日 以内のいずれか早いほうに支払いが行われるとスタンダード&プアーズが判断する場合を除い て、「D」が用いられる。また、倒産申請あるいはそれに類似した手続きが取られ、例えば自動的停 止によって債務不履行が事実上確実である場合にも用いられる。経営難に伴う債務交換(ディスト レスト・エクスチェンジ)が実施された場合も、当該債務の格付けは「D」に引き下げられる。
NR 格付けの依頼がない、格付けを確定するには情報が不十分である、またはスタンダード&プアーズが方針として当該債務に格付けを付与していないことを表す。
*「AA」から「CCC」までの格付けには、プラス記号またはマイナス記号が付されることがあり、それぞれ、各格付けカテゴリーの中で の相対的な強さを表す。

(出典:スタンダード&プアーズの格付け定義等

 

各社の格付けの紐づけ

TE S&P Moody’s Fitch  
100 AAA Aaa AAA Prime
95 AA+ Aa1 AA+ High grade
90 AA Aa2 AA
85 AA- Aa3 AA-
80 A+ A1 A+ Upper medium grade
75 A A2 A
70 A- A3 A-
65 BBB+ Baa1 BBB+ Lower medium grade
60 BBB Baa2 BBB
55 BBB- Baa3 BBB-
50 BB+ Ba1 BB+ Non-investment grade
speculative
45 BB Ba2 BB
40 BB- Ba3 BB-
35 B+ B1 B+ Highly speculative
30 B B2 B
25 B- B3 B-
20 CCC+ Caa1 CCC Substantial risks
15 CCC Caa2 Extremely speculative
10 CCC- Caa3 In default with little
prospect for recovery
CC Ca
5 C C
0 D / DDD In default
/ DD
D

 

出典:Trading Economics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ