ValueOptima

国債金利推移9月 買い継続は緩和実施までか

9月の国債は10年、30年で低下傾向継続、市場は国内の追加緩和、米国の金利引き下げの延期を先取り、低下を継続している。

緩和発表後に上昇する展開か。

JGBRATE

9月から10月初旬で約5ベーシスポイント(10年)、7ベーシスポイント(30年)で下落している。

JGBRATE2

2015年全体では4月から上昇を始めていた利回りは6月まで上昇を継続。その後利回りは下落に転じ、下落傾向を継続している。

 

緩和を発表すると、最近は金利が上昇することが多い。

市場は先取りして下落を開始し、緩和が発表されるとそこから材料出尽くしとして上昇に転じる。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ